鵠沼海浜公園スケートパークでインラインスケートを楽しもう - 鵠沼ファンスケート

HOME > インラインスケート家錬はこんなことやってます

切り抜き詳細

発行日時
2019/7/10 19:00
見出し
インラインスケート家錬はこんなことやってます
リンクURL
https://yaplog.jp/hidejii/archive/5065 インラインスケート家錬はこんなことやってますへの外部リンク
記事詳細

ほぼ毎日おこなっているインラインスケート家錬。
何やっているの?って実際にあった人にはよく聞かれます。
そして最近コメントいただきましたので、ちょっと書いてみます。

ただ、写真が無いので伝わりにくいかな?とは思いますが、過去にひで爺講習会に参加したことのある人なら、「あーあれね!」って感じに昔っから言っていることですので、思い出したかたは久しぶりにやってみてはいかがでしょうか?

家錬は畳1〜2畳ぐらいの広さがあれば良いです。

1.連続シザース 10分
まずはウォーミングアップを兼ねて軽くから、時間経過とともに少しづつ本気モードにしていきます。

・連続シザース
  0:両足を平行に揃え前を向きます。
  1:右足を前に左足を後ろにずらします。
  2:左足を前に右足を後ろにずらします。
  3:右足を前に左足を後ろにずらします。
  4:以降繰り返しです。

※注意点
一番最初の両足を平行にする時は足元を見てしっかりとそろえること。
爪先と爪先、かかととかかとの距離がまったく同じぐらいにしてからスタートする。(1mmでも違わないように心がける)
足の幅は肩幅よりも若干せまいぐらい。

連続シザース中は正面をまっすぐ見ること。
チラ見はOK。
スピードはゆっくりの方が練習になります。

前後移動しないように気をつける。
前後移動する時は上半身を前に移動したり後ろに若干のけぞったり、まっすぐ上からつるされているイメージで。

少しづつレベルアップしていく。
Lv1.上下しないうようにする。
Lv2.低い姿勢でチャレンジ。
Lv3.足の前後幅を大きくする。
Lv4.全部

連続シザースは意外に運動量が多いです。
また前後のバランス、左右のバランス調整にも使えます。

2.トゥトゥ連続シザース 15分
トゥトゥ=爪先だけで連続シザースをおこないます。
難易度はまぁまぁ高いので練習をしてからチャレンジがおすすめです。

※注意点
基本ですが、下は見ないこと。

練習方法
すぐにできるテクニックではないので、練習方法を書きます。
Lv.0まずは基本的な動きは連続シザースです。

Lv1.そこから後ろに移動した足だけかかとを上げてください。
前足は普通に地面に4輪ついていて良いです。
連続シザースでは足を前後させるので交互にかかと上げが発生します。
最初は前足にとんとん、と乗るような感じになります。
慣れてきたら、体が上下しないようにスムーズにおこなってください。

Lv2.慣れてきたら爪先だけで連続シザースにチャレンジ。
この時に、下を向いてはいけません。
前をみてください。
その方が安定します。
最初は10秒を目標に。次は30秒、1分、3分、5分とだんだんと長い時間にチャレンジしましょう。

15分もやれば時間は短いですがなかなかの運動量になります。

3.締めの連続シザース 10分

4.その他オマケは時間がある時に気分次第で追加します
・右足ヒーロトゥ、左足ヒールトゥを交互に連続しておこなう。
・ヒールトゥを左右振り向きつきでおこなう。
右足前ヒールトゥを左90度回転しながら→ヒールトゥで一瞬止まってから→右90度回転して戻る→左足前ヒールトゥを右に90度回転しながら→ヒールトゥで一瞬止まってから→戻る→繰り返し
・シカゴステップ
・連続フロントT
まず右足を爪先が左真横を向くように、左足の前におく。Tの文字の形。
次は左足を爪先が右真横を向くように、右足の前におく。Tの文字の形。
これを交互に練習。
慣れてきたら、後ろの足のかかとを上げる。
これを交互に練習。
慣れてきたら、動きを繋げていく。
段々と低い姿勢でできるようにする。


毎日やっているので、時に音楽をかけて音楽にのせて、時にスマホ片手にネットしながら、時に本を読みながら、なんてこともやっています。
雑誌を頭の上に載せてチャレンジなんかも難しいですが面白いです。(本によっては簡単な時もあります)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
フォローお待ちしております
インストラクターのブログ
鵠沼インラインスケートフェスティバル
JISSA