鵠沼海浜公園スケートパークでインラインスケートを楽しもう - 鵠沼ファンスケート

HOME > POWERSLIDE HC EVO PRO TRINITYが届いたので滑って遊んだのですよ

切り抜き詳細

発行日時
2019/7/10 0:44
見出し
POWERSLIDE HC EVO PRO TRINITYが届いたので滑って遊んだのですよ
リンクURL
https://yaplog.jp/hidejii/archive/5063 POWERSLIDE HC EVO PRO TRINITYが届いたので滑って遊んだのですよへの外部リンク
記事詳細

POWERSLIDE HC EVO PRO TRINITY
POWERSLIDE社のカーボンを使った最上位インラインスケートで自由に滑る系では最上位と言っても良い、インラインスケートブーツですね。


これの上はTAUぐらいしかない、と私は思ってます。
価格でも性能でも。
ただし、TAUは内くるぶしが痛いという人が続出しているので、TAUが最高なんだけど、、、というと語弊があるとも言えますね。
痛いブーツは最高じゃないでしょ?って、言われました。
確かに、、、


早速、写真を撮って、色々と分析して、、、そして滑ってみました。
POWERSLIDE HC EVO PRO TRINITYはインナーがないインナーレスのインラインスケート。
インナーとアウターが一体になっているのでその分、操作がダイレクトに伝わります。

例えば足を上げた時、足に接するインナーが上がり、ほんの一瞬遅れてアウターが上がります。
インナーとアウターが一体化しているとその一瞬が無くなりますので、足イコールインラインスケートとなるのです。

しかもブーツの材質がカーボン。
プラスチックだと一瞬変形してしまうことがありますが、それが無い。

足を上げたら一瞬の違いなくインラインスケートが上がる、そんな一体感が魅力ですね。
インナーレスだからってのもありますが、カーボンは超軽量なので、まるで何も履いてない感、というのはちょっと大げさですが、そんな感じです。

くわえて、4輪のところを3輪にすることで重量も4分の3になり軽量です。

そうは言ってもいいことばかりではありませんね。

インナーレスは、足型の影響や、サイズ選びが難しいという問題点もあります。
さらに価格も高すぎる。。。とは言っても先日購入したカメラの方が高いです。
カメラはレンズも必要です。
そのレンズはカメラ本体よりも高価で数も必要です。
インラインスケートは体も使い、健康にも良いこと、価格もカメラより安いことを考えると、安い部類と言ってもいいですね。

なにはともあれ、後日もっと検証した真面目なレポートを書きますので、こうご期待!


スポンサーリンク
スポンサーリンク
フォローお待ちしております
インストラクターのブログ
鵠沼インラインスケートフェスティバル
JISSA